イラストレーションコース
pomodorosa 先生ゼミ

「動きのあるイラスト演出」

pomodorosa 先生

イラストレーター、音楽作家。

イラストでは装画やキャラクターデザイン、音楽ではCM等の映像音楽を主に手がける。
2015年に自身初の商用画集となる「Music, Fashion and Girl」を一迅社より出版。
主な仕事に、君と時計シリーズ (著/綾崎 隼・講談社タイガ)、BISビブリオバトル部シリーズ (著/山本弘・東京創元社)、平成31年度 中学道徳教科書 (日本文教出版)、進研ゼミ 中学講座 (ベネッセ)、Super Sound Collection アニメ吹奏楽 (avex)

受講生へのメッセージ

カスタマイズしたブラシで描く、動きのあるイラストをつくる方法を紹介します。
イラストを仕上げていくにあたり、作画前半で有効な線やシルエットをきちんと描いていくことがいかに重要かということを中心に、講義でお伝えできれば嬉しく思います。

受講ステップ

  • 無料体験版と作例ファイル
    などの教材をダウンロード

  • 映像授業を見て、
    先生のお題に取り組む

  • 生放送授業までに
    Twitterで作品を投稿
    Twitterで先生に質問

  • 生放送授業に参加
    08月05日(日)
    21:00-放送予定

pomodorosa先生からのお題

「動きのあるキャラクターイラストをつくる」

動きのあるイラストの作画にチャレンジしてください。
実践を通して、ブラシを活用した構図のつくり方や、陰影のある着色方法などを学べます。

お題に取り組んだら、ぜひ08月04日(土)までにTwitterで、作品を投稿してください

pomodorosa先生が生放送授業内で
各作品にアドバイスします

※時間の都合上で選択した数名の作品のみとなります。
予めご了承ください

無料体験版と作例ファイル
などの教材をダウンロード

※無料体験版はすべての機能をご利用いただけます。試用期間は7日間ですので、制作期間にご注意ください。

※教材には、「pomodorosa先生作例ファイル」が含まれます。

ダウンロードは、PCからのみとなります。
PCからお楽しみください。

教材には、貴重なpomodorosa先生の作例ファイルが入っています。

※無料体験版はすべての機能をご利用いただけます。試用期間は7日間ですので、制作期間にご注意ください。

スマートフォンからご覧の方

あとでPCから参加できるように
ページのリンクをメモしておく

URLをコピー https://www.adobe.com/jp/creativecloud/buy/students/illustration.html

映像授業を見て、先生のお題に取り組む

  • 万能ブラシのつくり方と構図の基礎

    ブラシタッチを思いのままに!ブラシの準備と、構図のつくり方を学びます。

  • 立体感を生み出すイラスト演出テクニック

    動きを感じるイラストに!陰影を描くことで、立体感を演出する方法を学びます。

  • ブラシとフィルターを使った簡単演出テクニック

    ワンタッチで適用!イラストのクオリティを上げる演出方法を学びます。

生放送授業までに
Twitterで作品を投稿
Twitterで先生に質問

#pomodorosa先生ゼミ質問

作品を提出

#pomodorosa先生ゼミ作品

pomodorosa先生が生放送授業内で各作品にアドバイスします
質問にも回答しますので、どんどんお寄せください

※専用のハッシュタグが必要です
※質問の回答は生放送授業内で行います
※時間の都合で選択した数名の作品、質問のみとなります。予めご了承ください
※Twitterのアカウントを非公開に設定している場合、ご提出いただいた作品のサイト掲載や、
生放送授業内でのアドバイスができません。投稿される場合は、アカウントを公開に設定してご参加ください。

生放送授業に参加

終了しました。
たくさんのご参加ありがとうございました。

投稿された作品にアドバイスを行う
生放送授業のアーカイブをご覧いただけます

pomodorosa先生にインタビュー

  • アドビ製品のオススメポイントがあれば教えてください

    ブラシのカスタマイズを柔軟に行うことができる点です。
    筆圧やペンの傾き具合、不透明度の調整など、自分の思い通りに設定することができます。

  • インターフェイスのカスタマイズ内容を教えてください

    よく使うブラシパネルと、カラーパネルを、レイヤーパネルを囲むように配置しています。また、作業工程を戻すためのヒストリー、記憶した作業工程を再現することのでくるアクションも使うので、パネルを配置しています。

  • Photoshopをおすすめする理由を教えてください

    私のようなラフや下絵を最後まで消さずに使うタイプの絵描きは下ごしらえが非常に重要になります。
    Photoshop CCには簡単に演出を行うことができる様々な便利な機能が搭載されています。それらの機能と並行して、構図や下絵の線、陰影を意識した着色方法など、イラストの基本をしっかりと押さえて絵を描いていくことが上達の一番の近道だと思います!

広告イラスト募集キャンペーン

あなたの描いたイラストが広告に!
アドビの広告で実際に利用する作品制作を依頼します。

募集期間:
2018年08月01日(水)~09月30日(日)

作品起用例

無料体験版終了後、
引き続きご利用いただくには

Photoshop、Illustrator、Premiere Pro、After Effectsなどアドビのクリエイティブアプリがすべて使える
Creative Cloudコンプリートプラン学生・教職員個人版は一般のお客様より最大60%OFFの価格でご利用いただけます。

他のゼミも見る

  • [テーマ]心を揺さぶる背景

    07月23日(月)10:00公開

    よー清水 先生ゼミ

  • [テーマ]光りと影の現像風景

    07月30日(月)10:00公開

    mocha 先生ゼミ

  • [テーマ]ときめきを生むキャラ演出

    08月13日(月)10:00公開

    竹花ノート 先生ゼミ

  • [テーマ]スタイリッシュなキャラ演出

    08月20日(月)10:00公開

    POKImari 先生ゼミ

  • [テーマ]物語が広がるファンタジー世界

    08月20日(月)10:00公開

    裕 先生ゼミ

  • [テーマ]魅力溢れるキャラメイキング

    08月20日(月)10:00公開

    まご 先生ゼミ

  • [テーマ]世界観を引き立てる本の表紙デザイン

    08月20日(月)10:00公開

    柊椋 先生ゼミ

  • [テーマ]文字と図形で彩るミュージックビデオ

    08月20日(月)10:00公開

    大橋史 先生ゼミ

ページTOPへ戻る

先生のテクニックを試してみる

ゼミ参加をシェア